ミニトマト実績検討会 販売高過去最高を報告

読了までの目安時間:約 1分

 

 ミニトマト専門部は2月7日、鶴岡市のJA西郷支所で実績検討会を開いた。関係者約120人が出席。

 2019年度は、出荷ピーク後も大きく数量が落ち込まず推移したことで18年度を上回る出荷量となり販売高は過去最高を記録した。マルハナバチの導入率が70%を超えつや無し果の発生が減少したことや、例年より大玉で推移したことを報告した。

 阿部栄喜専門部長は「高温などの影響により、スタート時は苦戦を強いられたが、皆さま方の管理のおかげで回復し、過去最高を更新することが出来た。まだまだ課題は多いが来年度はさらなる高品質を目指して頑張って行こう」と呼び掛けた。

 市場から消費動向や今後の販売戦略について報告されたほか、高温対策など来年度への課題について情報を共有した。

2019年度を総括する阿部専門部長

 

topics

この記事に関連する記事一覧